ダイエットをするなら脂肪溶解注射【理想の体型に近づく】

ウーマン

若々しくいたい女性に人気

顔に手を当てる女性

ほうれい線があると老けて見える原因になります。このほうれい線は紫外線や加齢によって出来ます。残念ながら一度出来てしまったほうれい線は消えにくいのでヒアルロン酸の注入をおすすめします。効果は数ヶ月持続し、5分から10分程度で施術が終わるので誰にも知られず出来ます。

Read More

アートメイクのポイント

医師

アートメイクは医療行為であり、炎症などのリスクがあるため注意が必要です。アートメイクにはしっかりしたデザインが重要であり、神戸の美容皮膚科でもカウンセリングに時間をかけているので、予約は必須になります。

Read More

脂肪を溶かして排出

ボディ

顔痩せにも効果的

脂肪溶解注射は切らない脂肪吸引とも言われ、多くの美容外科で人気メニューのひとつになっています。注射する薬剤は、脂肪細胞を溶かすとともに血液やリンパ液の流れを促進し、体外へ排出させるとされています。ダイエットでは落としにくいセルライトにも効果が期待でき、リバウンドしにくいのも特徴です。大量の脂肪を落とすには、それだけ大量の薬剤を注射する必要があります。そのため脂肪溶解注射は、全身ダイエットよりも部分痩せに向いている施術です。頬や顎についている脂肪は、量は多くありませんが顔を大きく見せてしまいます。こうした場合に脂肪溶解注射をすれば、少しの薬剤で小顔効果を得られ、副作用も少ないというメリットがあります。

薬剤の成分

クリニックによって脂肪溶解注射の薬剤には、若干の違いがあります。多くの場合、主成分は大豆や卵黄から抽出されたリン脂質で、アメリカFDAの認可を受けている安全性の高い物質です。サプリメントなどにも利用されていますが、口から摂取するよりも直接注射すれば、気になる部分を集中的にケアすることができます。脂肪溶解注射はダウンタイムがほとんどなく、トラブルも少ない施術ですが、脂肪細胞が溶けるときに痛みや熱が出ることもあります。通常は次第に治まってきますが、アレルギー体質の方は医師に相談することをお勧めします。なお料金は注射する薬剤の量によって変わってくるので、事前にカウンセリングで確かめておくことが大切です。

シワを改善できます

注射器

顔にできるシワを綺麗にしたいときには、美容外科のヒアルロン酸注入が有効です。通常の美容外科の手術とは違って、注射だけの方法ですので痛みが少ないと言われています。ダウンタイムが短いことも特徴ですが、腫れや赤みが出ているときにはメイクをすることや触ることを避けたほうが良いです。

Read More